南北海道食彩王国
トップページ カテゴリーから探す エリアから探す インデックスから探す

トップページ > カテゴリーから探す > きびだんご
きびだんご
七飯町パン・スイーツ
メインイメージ
北海道民御用達の定番おやつは
意外にも北海道オリジナル

 北海道民なら誰でも一度は味わったことのあるお馴染みの「きびだんご」。しかし、北海道の「きびだんご」は岡山県名物の餅粉やきび粉を使った「吉備団子(きびだんご)」とは全く異なる北海道独自のお菓子だ。
 北海道の「きびだんご」は、明治時代に北海道開拓にあたった屯田兵の携帯食に由来しており、「事が起きる前に備え、団結して助け合う」から「起備団合(きびだんご)」として売られたことが始まり。誕生当時は日持ちと腹持ちの良さから災害時用の非常食としても重宝され、家庭で備蓄する事も多かった。
 天狗堂宝船では、このきびだんごをベースに様々な商品を展開しており、特に「黒蜜きなこ餅」と「昆布醤油餅」は黒蜜味と醤油味のオブラートできびだんごを包むという珍しい製法で製造されている。きびだんごは柔らかい食感が特徴で、包装用紙にくっつきやすい。そのため同社で製造するきびだんごはオブラートが不可欠になるが、それを逆手に取った製造方法で人気を博し、全国へ出荷されている。

サブイメージA

天狗堂宝船代表の千葉仁さん。

サブイメージB

近代的な設備の工場は非常に衛生的。

お問い合わせ先
株式会社 天狗堂宝船
住所:〒041-1133 亀田郡七飯町字中島205-1
電話:0138-66-3200
FAX:0138-66-3210
関連リンク:ホームページ
▲上に戻る