スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  南北海道 食彩王国 豆乳函館しふぉん


最終更新日:2012年4月04日(水)


南北海道 食彩王国 豆乳函館しふぉん


南北海道食彩王国
トップページ カテゴリーから探す エリアから探す インデックスから探す

トップページ > カテゴリーから探す > 豆乳函館しふぉん
豆乳函館しふぉん
函館市パン・スイーツ
メインイメージ
サブイメージA

小麦粉と豆乳などの原料をふんわりと混ぜて型に流し込む。

サブイメージB

焼き加減を見ながらオーブンでふっくらと焼き上げる。

サブイメージC

製品の特徴を語る、店主の久保田和雄さん。

絹のようなきめ細かさと極上のしっとり感

 ひと口頬張ると、誰しもそのしっとりとした柔らかな食感とほど良い弾力性、そして絹のようなきめ細かさに驚く。
 原料は道産小麦と今金産鶴の子大豆の豆乳、道産の卵白にグラニュー糖、そして少量のサラダ油のみ。膨張剤や保存料等の添加物は一切使用していない。豆乳の持つ自然な甘さを生かすことでグラニュー糖の使用量を減らしており、また、豆乳の豊富な繊維質がしっとり感を生み出すためにサラダ油も少な目で済むのだという。おいしさだけでなくヘルシーさも実現したお菓子だと言える。
 店主の久保田和雄さんの本職は流通コンサルタント。だるま食品本舗(函館)の豆腐製品開発に携わっていた際に鶴の子大豆に出会い、シフォンケーキの原料に豆乳を用いることを考案した。久保田さんが考案したシフォンケーキのレパートリーは約100種類。店頭には道南産の旬の野菜を用いた季節限定品を含め、常時約30種類を並べている。賞味期限は5日間で、遠隔地には冷凍で発送する。

お問い合わせ先
函館おたふく堂
住所:〒041-0853 函館市中道1丁目22-5
電話:0138-32-2300
FAX:0138-32-2300
関連リンク:ホームページ
▲上に戻る