エゾシカを食べませんか?

渡島でエゾシカを食べよう!

このページでは渡島管内でエゾシカを食べられる飲食店をご紹介しています!
多種多様なお店が揃っていますので、みなさまもぜひご賞味ください!

おしま食堂

おしま食堂

住所:函館市美原4丁目6-16
営業時間:11:00~14:00 土・日・祝定休
電話番号:0138-47-9564

 おしま食堂では、毎月第4火曜日の「シカの日」にエゾシカメニューをご提供しています。
メニューは毎月変わりますので、お楽しみに!
ちなみに写真は、エゾシカのすき焼き風定食と、エゾシカ生姜焼き定食(テイクアウト)、エゾシカグラタン~ボロネーゼ仕立て~です。
和・洋・中、様々なエゾシカメニューが楽しめます。
事前予約や、テイクアウトも可能です。

来月のシカの日メニューは何でしょうか・・・?お楽しみに!

イタリアンゴーゴー

イタリアンゴーゴー写真

住所:函館市末広町13-20 1階
営業時間:12:00~15:00、18:00~23:00 不定休
電話番号:0138-23-0524
料理:エゾシカと豆のラグソース

筆者は「エゾシカのソーセージとモッツァレラのパスタ」をいただきました。

エゾシカのソーセージは、噛んだ瞬間、口の中で肉汁が弾け、とってもジューシーでした。
エゾシカの旨みと、スパイスがマッチしていて、おいしかったです!
さらにモチモチの太めのパスタと、ニンニクの効いたトマトソース、まろやかなチーズが合わさり、とってもおいしいパスタでした。

+100円でジェラートが付けられたので、迷わず注文し、食後にいちごジェラートを食べてさっぱりしました。


こちらのお店では、他にも「エゾシカと豆のラグソース」のパスタもあります!

炭火焼肉 藤

焼肉 藤

住所:函館市川原町7-2コーポ川原 1階
営業時間:18:00~ 不定休
電話番号:0138-56-8929
料理:焼肉

こちらのお店ではエゾシカの「焼き肉」と「刺身」が食べられます。
「エゾシカの焼き肉」は、シカのモモを使用しているため、脂っこくなく、そして臭みも全くなく、あっさりと食べられました。(写真左下と真ん中)
「エゾシカの刺身」は「サラダ」(写真左上)か「ユッケ」(写真右上)のどちらかを選べます。
こちらの「刺身」は、60度の低温でじっくり1時間かけて茹でているそうです。
サラダもおいしかったのですが筆者はユッケに感動しました。
柔らかさもさることながら、馬肉のユッケよりも肉の旨みが感じられました。
 エゾシカの他にも、安くておいしいお肉がたくさんあります。そしてボリュームも満点!
ちなみに写真右下は「イノシシ」のお肉です。初めて食べましたが、臭みはなく、エゾシカとはまた違った味わいでした。

 こちらのお店では焼き肉食べ放題のコースもあり、3,500円(アルコール飲み放題は別途加算)のコースであれば、エゾシカの焼き肉と刺身も食べ放題です。
ただ、刺身は調理に時間がかかるので、たくさん食べたい方は、予約時に刺身を注文しておくことをおすすめします。
 また、こちらのお店は通年でエゾシカが食べられますので、みなさまもぜひ足をお運び下さい。

旬味 千

住所:函館市梁川町22-22
営業時間:17:00~23:00(要予約) 不定休
電話番号:0138-33-1000
料理:炭火焼き、あぶりポン酢、ガーリック焼き

BISTRO HAKU

BISTRO HAKU

住所:函館市本通1丁目7-18
営業時間:11:00~15:00、18:00~23:00 (日曜定休)
電話番号:0138-53-8486
料理:グリル、ロースト、ソテー

筆者はランチコースをいただきました。
前菜では「エゾシカのテリーヌ」のほか、「エスカルゴのアヒージョ」など4種類の盛り合わせでした。
魚料理では、アツアツにグリルしたブリの上に、アーモンドをのせ、レモンを振りかけていただきました。とても肉厚のブリで、こちらもおいしかったです。
メインのエゾシカ肉は、これまで食べてきたエゾシカ料理に比べ、火入れがしっかりされていたので、「もしかしたら固いかも・・・」と思いましたが、
全くそのようなことはなく、しっとり柔らか、肉汁たっぷりでした。
食後にフルーティーなしっとりガトーショコラとコーヒーもいただき、大変大満足なランチコースでした。

 こちらのお店は通年でエゾシカ料理を提供されていますが、エゾシカの入荷状況によっては、エゾシカメニューがない日もありますので、事前にお店に確認すると確実です。

函館海鮮居酒屋 魚まさ 五稜郭総本店

うおまさ写真

住所:函館市本町4-8
営業時間:〔月~木・日祝〕17:00~22:00 〔金土・祝前〕17:00~23:00 無休
電話番号:0138-53-1146
料理:エゾシカのスペアリブ

エゾシカの脂を感じたい!という方にオススメです。
筆者自身も何となく、エゾシカは赤身、というイメージがあったので、「エゾシカの脂身ってこんなにおいしいんだ!」と驚きました。なのに脂のしつこさは全くなく、あっという間に食べてしまいました。
とろとろの脂身とホロホロのお肉が、噛むほどにおいしい一品でした。

こちらのお店のエゾシカ料理は、不定期でのご提供となりますので、事前にお店に確認されると確実です。

写真に写っているもう一品は、渡島管内ではお馴染みの、ブリたれかつです。こちらもとってもおいしかったので、ぜひ!
その他にも渡島の地元食材を使ったメニューがたくさんあります!

元町まるたま小屋

まるたま小屋写真

住所:函館市元町2-3
営業時間:11:00~18:00
電話番号:0138-76-3749
料理:エゾエゾ(エゾシカとえぞまいたけのピロシキ)

写真の右側2つがエゾエゾです。
どのピロシキも手に取ると、ずっしりとした重みがありました。
割ってみると中には、エゾシカの挽肉と舞茸と、なんとご飯がぎっしり詰まっており、食べ応えも満点です。噛むほどにエゾシカの風味がふわっと広がり、舞茸のシャキッとした食感や、ご飯のもちもちとした食感も合わさり、とてもおいしいピロシキでした。
お店一番人気だというこちらの「エゾエゾ」は一つ324円と、手軽にエゾシカを味わうことができます。
まだエゾシカデビューをされていない方は、こちらから始められてみてはいかがでしょうか?
その他、地元食材を使ったいろいろな種類のピロシキや、ボルシチなども食べられます。

「エゾエゾ」は通年で食べられますが、ピロシキは人気商品のため、事前にご注文されると確実です。

restaurant Toui

トウイ写真

住所:函館市若松町32-19 ロイヤルシティ参番館若松町1階
営業時間:11:45~14:30、18:00~22:00
電話番号:0138-27-0151
料理:ペンネ~さかもと農園の有機ごぼうのラグーソース~

筆者はディナーコースをいただいてきました。
エゾシカウィークのメニューは「ペンネ~さかもと農園の有機ごぼうのラグーソース~」ですが、このコースでは「エゾシカのロースト」もいただけました。
一品一品提供される度に思わず「うわ~っ」と歓声をあげてしまうほど、「目で見てもおいしい」お料理でした。
ラグーソースのペンネは、ゴロゴロとしたごぼうと、ホロホロに煮込まれたエゾシカが入っており、「エゾシカとごぼうって合うんだな~」と驚きでした。
「エゾシカのロースト」は絶妙な火入れ加減で、お肉を噛んだ瞬間、ジュワッと肉汁が広がりました。
 とにかくどのお料理もとってもおいしく、とてもよい時間を過ごすことができました。

 「ペンネ~さかもと農園の有機ごぼうのラグーソース~」はランチでも頂くことができますが、ディナーコースは予約が必要です。

BISTRO やまくろ

やまくろ写真

住所:函館市栄町11-4
営業時間:11:30~14:30(LO13:30)、17:00~21:00(LO20:00) 火曜定休
電話番号:0138-76-9542
料理:鹿肉のステーキ黒酢ソース

 筆者はランチコースをいただいてきました。
十勝産マッシュルームのスープに、前菜盛り合わせ(ついつい食べてしまって、写真がありません!すみません)、メインのシカ料理、デザート・ドリンクがついて1,650円と大変お得なコースでした。しかもどのお料理もおいしい!!
中でもエゾシカは驚くほどにしっとりしていて、表面に焼き目がつく程度の軽い火入れなのに、臭みは全くありませんでした。
お客さんからも「シカなのに全然臭くないんだね~おいしい~」という声がちらほら。
エゾシカの部位は「シンタマ」という内ももの部分を使用しているそうで、肉感はしっかりあるけど、脂身は少なく、あっさり食べられます。
柔らかいお肉とカリカリとした食感のナッツ、酸味のあるソースがベストマッチでした。

エゾシカ料理は「シェフの気まぐれ」でご提供される、ということでしたので、事前に電話等で確認される方が確実です。
「予約必須の店ではありませんが、予約をして下さると大変嬉しいです」とのことでしたので、できるだけご予約を。

カテゴリー

環境生活課のカテゴリ

page top