河川水濁度調査

 

 

河川水濁度調査


 

河川水濁度調査

1 河川水濁度調査の目的
   河川水の「濁り」の調査及び調査データの公表を通じて、森林の機能や森林施業への道民理解を促進することにより、海域を含めた流域環境の保全に資するために行う。

2 調査対象河川及びその選定理由
   過去5年間の継続調査の結果、異常値の発生が見受けられなかったため、平成21年度から調査対象河川及び調査箇所を変更します。
    調査対象河川:及部川
    選定理由  :対象流域は道有林渡島西部管理区を水源とする、水の利用上重要な河川を選定しました。

3 調査方法
   ・対象河川図の○印の箇所を調査箇所とし、定点観測とします。
   ・無降雨時は年3回(春・夏・秋)実施することとし、降雨時(大雨注意報発令時等)は必要に応じ実施することとします。

4 調査項目
   流域情報:土地利用の種類別面積(流域面積)、地質等の情報です。
   採水情報:年月日、時刻、採水地点の河口からの距離、川幅、濁度水位等の情報です。

5 基準値
   濁度とは濁りの程度を数値化したものです。NTUという単位で表し、数値が大きいと濁っていることになります。
   基準値としては
     降雨がない場合   10NTU以下
     降雨がある場合  700NTU以下 が一般的な範囲内とされています。

6 調査結果
      R2年度・R3年度

カテゴリー

西部森林室のカテゴリ

page top