青年農業者(4Hクラブ)

 若手青年農業者のネットワーク組織として、4Hクラブがあります。

 現在、渡島管内では北斗市4Hクラブ、七飯町4Hクラブ、知内町4Hクラブ、やくも4Hクラブの4つの4Hクラブが活動しています。4Hクラブでは、次代を担う農村青年の地域における自主的な組織活動として、農業新技術試験などのプロジェクト活動が行われているほか、近年は、農産物の直売等を通じた消費者との交流活動や地元農産物のPR活動に力を入れるグループが増えています。

 また、各4Hクラブの相互交流とクラブ活動の発展を目的としたネットワーク組織として渡島4Hクラブ連絡協議会があります。この渡島4Hクラブ連絡協議会では、毎年7月頃には夏期研修会と交流会、12月には渡島総合振興局と共催で渡島青年農業者実績発表大会を開催しています。この渡島青年農業者実績発表大会では、各4Hクラブのプロジェクト活動と日頃の実践活動を通じて習得した技術や日頃感じていることをアグリメッセージとして発表することにより、相互の交流及び研鑽を図っています。大会には、4Hクラブ員以外の農村青年や地元農業高校の生徒も参加し、毎年大変盛り上がっています。

 平成30年4月1日現在、渡島4Hクラブ連絡協議会には4グループ61人が加入しています。

4Hクラブとは~
  1. 4Hクラブの活動内容
     各市町村を単位として各地域の概ね18歳から30歳までの若手農業者で組織されており、渡島管内では函館市、知内町、北斗市、七飯町、八雲町にあります。
     4Hクラブは農村青少年クラブとして、各地域の若手農業者が農業及び農家生活に関する技術を習得するとともに地域農業及び農家生活の改善を目的とした活動を行っています。
  2. 4Hクラブの始まり
     19世紀末頃のアメリカの農村で農林学校等の校外活動として発達したものが、日本では戦後に当時のGHQの勧告により、農業改良普及事業とともに紹介されたことが始まりです。
  3. 4Hクラブの意味4h.gif
     4Hクラブの綱領の4つの目標に由来しています。
    (1)農業の改良と生活の改善に役立つ腕を磨く(Hands)
    (2)科学的にものを考えることのできる頭の訓練(Head)
    (3)誠実で友情にとむ心をつちかう(Heart)
    (4)楽しく暮らし元気で働くための健康を増進する(Health)
    以上のHands、Head、Heart、Healthの頭文字をとって4Hです。

     

平成30年度若手青年農業者のネットワーク「渡島4Hクラブ連絡協議会」の活動概要

平成29年度若手青年農業者のネットワーク「渡島4Hクラブ連絡協議会」の活動概要

カテゴリー

農務課のカテゴリ

page top