屋外観光施設等

トップページへ戻る

屋外の観光施設

管内の屋外観光施設を紹介します。
屋外は密閉とは無縁の世界です。人との距離が保てる空間で、安全に観光を楽しみましょう!

函館市

五稜郭公園

goryoukaku1.jpg
goryoukaku2.jpg
住所:函館市五稜郭町44-2
HP:https://www.hakodate-jts-kosya.jp/park/goryokaku/

施設紹介

箱館開港と箱館戦争の象徴である五稜郭は、1914年(大正3)より五稜郭公園として開放され市民の憩いの場として親しまれています。園内の桜は1,600本を超え、お花見には多くの市民や観光客が訪れます。(桜の見頃は4月下旬~5月上旬)

元町公園

motomachi1.jpg
motomachi2.jpg
住所:函館市元町12-18

施設紹介

明治から昭和初期にかけて、箱館奉行所等が設置されており、道南の行政の中心でした。
公園の広場では各種イベントや、「はこだて国際民俗芸術祭」が行われる市民に愛されている公園であり、 函館山や公会堂、そして函館市内を一望できる絶好のロケーションも大きな魅力です。

香雪園(見晴公園)

miharashi1.jpg
miharashi2.jpg
住所:函館市見晴町56番地

施設紹介

1898年(明治31)頃に函館の呉服商、岩船峯次郎が造成したもので、園内には、書院風の園亭、渓流やレンガ造りの温室など多様な意匠からなる庭園空間が広がっている「風景式庭園」となっています。北海道内の庭園としては唯一、国の「名勝」に指定されています。

函館公園

hakodate1.jpg
hakodate2.jpg
住所:函館市青柳町17番地

施設紹介

函館公園は、函館駐在英国領事ユースデンの呼びかけに端を発し、多くの市民の協力によって、1879年(明治12)に開園されました。ミニチュアホースなどがいる動物施設や小さな遊園地のこどものくに、花見時期には、電飾による夜桜も楽しめる桜の名所になっています。(桜の身頃は4月下旬~5月上旬)

北斗市

きじひき高原

kijihik1.jpg
kijihik2.jpg
住所:北斗市村山174番地
HP:https://www.city.hokuto.hokkaido.jp/docs/1959.html

施設紹介

「きじひき高原」は新函館北斗駅から車で約15分のところにあります。パノラマ展望台の標高は560mの所にあり、函館山はもちろんのこと、大野平野、横津連峰、噴火湾、大沼、駒ケ岳を一同に見ることのできる所です。天気の良い時は、青森県の下北半島や、室蘭方面、羊蹄山も見ることができます。
営業時間は8:30~20:00まで。10月末まで通行可能です。

このページに関するお問い合わせ
〒041-8558 北海道函館市美原4丁目6番16号
渡島総合振興局 産業振興部 商工労働観光課 観光振興係
電話番号:0138-47-9461
FAX番号:0138-47-9207
メールアドレス:oshima.shoko1@pref.hokkaido.lg.jp

カテゴリー

お問い合わせ

渡島総合振興局産業振興部商工労働観光課

〒041-8558函館市美原4丁目6番16号渡島合同庁舎内

電話:
0138-47-9459
Fax:
0138-47-9207

page top