平成19年度上期渡島支庁管内観光入込客数調査

            平成19年度上期 (4月~9月)            
  渡島支庁管内観光入込客数調査(速報値)  

留意事項
<調査対象市町村>
 本調査は、全道の市町村を対象に対象に実施しています。
<調査対象観光地点>
 調査実施に当たり、観光地点の新規設定と見直しを行っています。
<実人数>
 1人の観光客が1回の旅行で複数の観光地点を訪れても1人と算出します。
 1人の観光客が1回の旅行で宿泊施設に2泊以上滞在しても1人と算出します。
<延べ人数>
 市町村の実人数の単純合計

 ■平成19年度上期の概況

 平成19年度上期の渡島支庁管内の観光入込客数の総数(延べ人数)は、対前年比98.0%、実数にして約14万2千人減の約694万人で、現行方法での調査を開始した平成9年度以降、一昨年に次いで2番目に少ない数値となっています。 
 入込客数が減少した主な理由としては、昨年の観光施設(五稜郭タワーや噴火湾パノラマパーク)の開業効果が一段落したこと、またピーク期でもあるゴールデンウィークと夏休み期間中の航空機・JRを利用した道外客の入込が減少したことなどがあげられます。

 
総数(延べ人数)
平成19年度上期 平成18年度上期 増減人数 対前年比
6,939.7千人 7,081.8千人 △142.1千人 98.0%
 
道外客・道内客内訳
区分 平成19年度上期 構成比 平成18年度上期 増減人数 対前年比
道外客 3,308.7千人 47.7% 3,431.7千人 △123.0千人 96.4%
道内客 3,631.0千人 52.3% 3,650.1千人 △191.0千人 99.5%
 
日帰り客・宿泊客内訳
区分 平成19年度上期 構成比 平成18年度上期 増減人数 対前年比
日帰り客 4,758.0千人 68.6% 4,791.9千人 △33.9千人 99.3%
宿泊客 2,181.8千人 31.4% 2,289.9千人 △108.1千人 95.3%
 
市町別内訳
市町名 平成19年度上期 構成比 平成18年度上期 増減人数 対前年比
函館市 3,219.6千人

46.4%

3,304.9千人 △85.3千人 97.4%
北斗市 473.8千人 6.8% 452.8千人 21.0千人 104.6%
松前町 461.0千人 6.6% 442.5千人 18.5千人 104.2%
福島町 56.4千人 0.8% 61.7千人 △5.3千人 91.4%
知内町 72.4千人 1.0% 91.6千人 △19.2千人 79.0%
木古内町 28.0千人 0.4% 21.3千人 6.7千人 131.5%
七飯町 1,167.3千人 16.9% 1,239.3千人 △126.6千人 94.2%
鹿部町 175.6千人 2.5% 177.4千人 △1.8千人 99.0%
森町 518.2千人 7.5% 526.9千人 △8.7千人 98.3%
八雲町 329.0千人 4.8% 311.8千人 17.2千人 105.5%
長万部町 438.4千人 6.3% 451.6千人 △13.2千人 97.1%
合計 6,939.7千人 100.0% 7,081.8千人 △142.1千人 98.0%
 
 
渡島支庁管内観光入込客数の推移(上期)
区分 平成15年度上期 平成16年度上期 平成17年度上期 平成18年度上期 平成19年度上期
総数 8,170.4千人 7,888.6千人 6,753.4千人 7,081.8千人 6,939.7千人
道外客 3,952.1千人 3,834.4千人 3,286.3千人 3,431.7千人 3,308.7千人
道内客 4,218.3千人 4,054.2千人 3,467.1千人 3,650.1千人 3,631.0千人
日帰り客 5,662.3千人 5,472.9千人 4,458.5千人 4,791.9千人 4,758.0千人
宿泊客 2,508.1千人 2,415.7千人 2,294.9千人 2,289.9千人 2,181.8千人
 

image0012.gif

image0013.gif
 

 

カテゴリー

商工労働観光課のカテゴリ

お問い合わせ

渡島総合振興局産業振興部商工労働観光課

〒041-8558函館市美原4丁目6番16号渡島合同庁舎内

電話:
0138-47-9459
Fax:
0138-47-9207

page top