第2回北海道・渡島地域の暮らしセミナー「やりたい仕事を見つけよう!」開催のお知らせ

第2回北海道・渡島地域の暮らしセミナー「やりたい仕事を見つけよう!」開催のお知らせ

第2回北海道・渡島地域の暮らしセミナーチラシ

 「渡島」ってどこ? 何て読むの?

 「渡島」は「おしま」と読みます。名前の由来は、北海道の入り口を指す「渡島(わたりしま)」という言葉です。東北に一番近い、北海道の最も南にあります。

 第2回目は、「仕事」にテーマを絞って開催します。

 農業を始めたい方!

 保育や福祉、医療の仕事に興味のある方!

 また、仕事を決めていない方にも役場の就業支援窓口を紹介します!


 北斗市は、函館市に隣接し、都市機能をほどよく備えたまちです。市内に介護施設や保育施設等が点在しており、過去には、福祉の仕事に就職を考えている道央圏の学生向けにインターンシップを実施しています。今回は、業務内容や市の支援制度などをご紹介します。

 知内町は、「北の華」のブランド名を持つ「ニラ」の産地。知内町では一番ニラ・二番ニラ・夏秋ニラと時期をずらして1~11月頃までニラの生産・出荷が続きます。生産量は、2,015トン(R2)と全道一となっています。生産現場をご紹介します。

 木古内町は北海道新幹線、道南いさりび鉄道の木古内駅があり、道内でも交通の便が優れている地域であり、町内には総合病院や介護施設もあります。その中で今回は医療・福祉職の求人情報や生活環境を紹介いたします。

 鹿部町は、噴火湾の入り口に面した「海と温泉(いでゆ)」の町です。鹿部町では、「地域就労サポートセンター」を開設し、求職者の方に町内外の様々な業種の求人情報の提供や相談などの支援を行っています。実際に利用された方のインタビューや現在の求人情報などについてご紹介します。

 八雲町は、渡島管内で最も広い町。「酪農」が盛んに行われています。八雲町には「研修牧場」があり、2年研修を受けた後は、町内の酪農家から第三者継承で牧場を取得する道や、町内の大規模法人の従業員、酪農ヘルパー等として就職する道も開かれます。

 セミナー終了後には各市町の個別相談会も行います。

 ぜひお気軽にご参加ください。

 チラシはこちらから ↓

内 容

■日 程   令和3年(2021年)10月30日(土)

■開催時間  セミナー  14:00~15:30
       個別相談会 16:00~17:00

■開催場所  Web会議用システム「Zoom」を使用します。

■参加費   無料  ※通信費は自己負担となります。

■参加人数  20名

■参加自治体・参加団体

 主催:北海道渡島総合振興局
 共催:ふるさと回帰支援センター
 参加自治体:北斗市、知内町、木古内町、鹿部町、八雲町

■詳細
〈セミナープログラム〉

 ※司会:佐々木紫さん(地域コミュニティFM局 FMいるかパーソナリティ)

 14:00 オープニング 渡島地域の紹介  (北海道渡島総合振興局職員)
 14:10 移住までのステップ紹介 (どさんこ交流テラス職員)
 14:20 仕事の紹介 (各市町移住担当者) 
        「福祉や保育の仕事を始めて見ませんか」(北斗市)
        「農業(施設野菜)にチャレンジ!」(知内町)
        「医療・福祉職を募集しています」(木古内町)
        「地域就労サポートセンターに相談」(鹿部町) 
        「酪農を研修から始めましょう」(八雲町)
 15:10  質問タイム
 15:25  アンケートなど
 15:30  終了
   
〈個別相談会〉
 ・北斗市、知内町、木古内町、八雲町  

■締め切り日 2021/10/29

■お申し込み
 下記の入力フォームから必要事項記入の上、お申し込みください。
 セミナー前日までにZoomの招待メールを送信いたします。
 https://www.harp.lg.jp/SksJuminWeb/EntryForm?id=1JbOHnDr

 ↓ 申込QRコード

申込QRコード

■問い合わせ
 北海道渡島総合振興局地域創生部地域政策課(担当:種田)
 TEL:0138-47-9429
 MAIL:oshima.chisei2@pref.hokkaido.lg.jp

■渡島総合振興局ホームページ
 https://www.oshima.pref.hokkaido.lg.jp/ts/tss/seminar2.html

カテゴリー

地域政策課のカテゴリ

page top